法定相続情報証明制度

法定相続情報証明制度とは

法定相続情報証明制度は、不動産の相続登記を促進すること及び金融機関などの事務負担を軽減することを目的とし、2017年5月29日に新しく開始した制度です。

法定相続情報証明制度の手続きが済むと、認証文が付記された法定相続情報一覧図の写しが何通でも無料で交付されます。

この制度が開始される以前は、相続手続きにおいて相続情報を証明するために戸籍謄本等の大量の書類が必要でしたが、法定相続情報一覧図の写しが、従来の戸籍謄本等の代わりに法定相続情報を証明してくれるので、相続手続きをスムーズに進めることができるようになりました。

なお、制度を利用するかどうかは任意のため、従来通りの方法により法定相続情報を証明することも可能です。

利用できるケース

法定相続情報証明制度は、主に以下の不動産の登記等の手続きで利用することができますが、民間の金融機関等における名義変更や解約手続きについては、法定相続情報証明制度に対応するかどうかは各金融機関等の判断に委ねられています。そのため、法定相続情報証明制度に対応していない金融機関等の場合は、従来通りの方法で法定相続情報を証明することになるので注意が必要です。あらかじめ金融機関等に問い合わせするなど法定相続情報制度に対応しているか確認することをお勧めします。

法定相続情報証明制度

手続き方法

①戸籍謄本など必要書類を集める

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍謄本)、被相続人の住民票の除票、相続人全員の戸籍謄本または抄本、申出人の住所・氏名が確認できるものなど必要書類を集めます。被相続人や相続人が日本国籍を有しないなど戸除籍謄抄本を添付することができない場合は、利用できません。

矢印黄

②法定相続情報一覧図を作成する

 

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本をもとに、法定相続情報一覧図を作成します。

矢印黄

③法務局に申し出る

必要書類と法定相続情報一覧図が用意できれば、次のいずれかの場所を管轄する法務局(登記所)に申し出ます。

 ・被相続人の本籍地

 ・被相続人の最後の住所地

 ・申出人の住所地

 ・被相続人名義の不動産の所在地

矢印黄

④法定相続情報一覧図の写しが発行される

法務局に申し出ると「法定相続情報一覧図の写し」が発行されます。

一覧図の写しは、偽造防止対策がされた専用の用紙で発行され、必要な部数が無料で受けられるため、届け出先が複数ある場合には便利です。

また、提出された法定相続情報一覧図は法務局で5年間保存され、その期間内であれば一覧図の写しが再発行できます。

メニュー

お問い合わせ

電話番号

0766-63-0468

080-4255-3007

080-4258-6113

電話受付時間

7:00~21:00(年中無休)

営業日

平日9:00~18:00(休日・時間外は応相談)

メールアドレス

hayashijimusyo@outlook.com

住所

〒939-1105

富山県高岡市戸出伊勢領282

関連サイト

他社物件でも仲介可

対応地域

出張相談も承っております。

【富山県】

富山市、高岡市、砺波市、射水市、小矢部市、南砺市、氷見市、滑川市、舟橋村、上市町、立山町

【石川県】

金沢市、津幡町、野々市町、宝達志水町、羽咋市

 

メニュー